トップページ >  地域医療連携室

地域医療連携室

半田中央病院では、患者様が急性期から回復期、慢性期を経て、在宅や介護福祉施設へと途切れることのない医療サービスを受けていただくことができるように、日々業務を行なっております。
地域の医療機関の先生方や介護福祉関連施設の方との情報交換をより充実いたしまして、ご期待に応えられる活動をしたいと考えております。

地域医療連携室の主な業務

1 医療連携業務

  • 急性期病院からの回復期・慢性期にある患者様の紹介に関する連絡窓口業務
  • 血液透析導や・維持透析患者様の紹介に関する連絡窓口業務
  • 長期療養をご希望の患者様の紹介に関する連絡窓口業務
  • 介護福祉施設などへの転出に関する連絡窓口業務
  • その他、医療・看護などに関する、ご心配お困りのこと何でも相談窓口業務など

2 業務時間

平日(月曜日~金曜日)  8:30~17:30

3 連絡方法

担当:内田・宮原
TEL 0791-22-0656(代表)
FAX 0791-22-3911

4 レスパイト入院

在宅医療を担う医療機関や、居宅介護事業所と連携し患者様やご家族の負担を軽減致します。

【レスパイト入院(介護休暇目的入院)とは】
レスパイトとは、本来は「一時休診」「休息」という意味です。
在宅介護などで介護者(家族)が疲れきってしまうこと(バーンアウト=burn out)を 防ぐために短期間入院してもらったり、或いは既に何らかの介護の限界を超えたり、介護不能となるやむをえない状況(例えば近親者の冠婚葬祭など)が起こってきた場合に、 病院に患者様を一時的に移すことをレスパイト入院といいます。

【入院対象者】
介護保険対象のショートステイの利用困難な、医療保険での医学的管理を 必要とする患者様が対象となります。 神経難病の方、人工呼吸器を装着された方、気管切開を受けられた方、胃癀、腸癀又は静脈栄養の方、自力歩行や排泄が出来ない方等、治療に関わる処置が必要な方です。

【入院期間】
数日から1ヵ月くらいが目安となります。

【リハビリは?】
患者様の状態に応じて、リハビリを実施します。当院では、専門の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が対応します。

【利用方法】
レスパイト入院の申込や相談については、地域医療連携室までお問い合わせください。
担当:内田・宮原

※ご家族のケアとは異なりますので、自宅と同様に療養頂くことが難しい場合もあります。
予めご了承ください。

▲ページトップへ戻る