トップページ >  病院概要 (内科・循環器内科

診療科・部門紹介

内科・循環器内科

力武 良行
平成4年 神戸大学医学部卒業
平成11年 神戸大学大学院医学研究科修了

専門科

一般内科、循環器内科

所属学会

日本内科学会、日本循環器学会

専門医・資格

日本内科学会総合内科専門医、日本循環器学会認定循環器専門医

診療内容と特色

高血圧、動脈硬化、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心不全、弁膜症、心筋症、不整脈などの循環器疾患を中心として、その他、気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患、慢性腎臓病、腎不全などの腎疾患、脂質異常症、糖尿病などの代謝内分泌疾患等、幅広く内科一般の診療を行なっています。
患者様への充分な説明と患者様ご本人の同意のもとで治療方針を決定しています。
また、昨今の臨床試験の結果えられた最新のエビデンスに基づき、治療法を選択しています。
特に、虚血性心疾患が疑われて心臓カテーテル検査が必要な場合や不整脈治療のためにペースメーカー植込みや高周波アブレーションによる治療が必要な場合には、神戸大学医学部附属病院や姫路循環器病センター、赤穂市民病院などの病院施設と連携、協力して診療を行なっています。

医療に対する想い

食べ過ぎ、飲み過ぎなどの不摂生や運動不足、喫煙など、毎日のよくない生活習慣の積み重ねから生活習慣病は引き起こされます。
メタボリック症候群、高血圧、糖尿病、脂質異常症は、すぐには体の異常として現れにくいですが、よくない生活習慣を改善しないと、あるいは、早期に適切な治療を開始しないと、自分では気づかないうちに動脈硬化が確実に進行し、ついには、心筋梗塞、脳卒中など命に関わる重大な病気をもたらします。
心筋梗塞や脳卒中になる前に、生活習慣の改善と必要なお薬で適切にコントロールすれば、こうした病気は予防できるのです。
また、最近では早期に治療を開始する必要性も指摘されています。
胸が痛い、動悸や息切れがする、頭が痛い、ふらふらする、といった症状があっても、年のせいだと思っていませんか?
重大な病気の前触れだったり、すでに始まっていたりする場合もあります。
自己判断せず、必ず医師の診察を受けるようにして下さい。

▲ページトップへ戻る

松田 康章
平成5年 神戸大学医学部卒業

専門領域

一般内科・循環器内科

所属学会

日本内科学会・日本循環器学会

専門医・認定医

日本循環器学会循環器専門医

医療にたいする想い

患者様に「どうもありがとう」と言われることがあります。ですが、本当は「こちらこそ、ありがとう」なんです。というのも、私が外来で働くのも、患者様の顔を見てお話をするのが楽しいからです。いろいろな不安や訴えをお聞きして、自分も勉強をして育ててもらっていると思っています。
満足のいかない事の方が多いかと思いますが、よろしくお願いします。

▲ページトップへ戻る

岩井 愛雄(いわい ちかお)
平成7年 神戸大学医学部医学科卒業
平成14年 神戸大学大学院医学系研究科修了

専門領域

一般内科・循環器内科

所属学会

日本内科学会・日本循環器学会・日本心臓病学会

資格・専門医/認定医

医学博士・日本循環器学会循環器専門医・日本内科学会認定内科医

診療内容

循環器疾患
狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患、心筋症等の心膜心筋疾患、弁膜症、不整脈疾患の診断・慢性期治療を行います。心電図、心臓超音波検査は随時実施します。緊急の心臓カテーテル検査等が必要な場合には近隣の専門医療機関に搬送させて頂きます。

生活習慣病
脳、心臓そして全身の血管の動脈硬化は脳卒中、心臓病等の重大な疾患の大きなリスクとなります。そこで高血圧、脂質異常症、糖尿病といったいわゆるメタボリック症候群でも話題の生活習慣病の治療が非常に大切になってきます。患者様の病態を十分理解したうえで、エビデンスに基づいた適切な 治療を行ってまいります。
治療の根幹をなす食事治療については専門家による栄養指導も実施しております。ほとんどの血液検査は実施日に結果が判明しますので速やかに治療に活かせます。脈波速度検査装置での動脈硬化度の判定は簡便で随時可能ですのでお気軽にお声をおかけ下さい。
眼科疾患を合併しているケースが多いですが、いつでも当院眼科医に相談できますので安心です。

腎臓病
最近CKD(慢性腎臓病)という言葉を耳にされたことがあるかもしれません。その理念は尿異常や腎障害を早期に発見し、腎臓病の発症や心臓病の悪化を予防することにあります。実は生活習慣病の管理の徹底がCKDの治療には不可欠です。その意味でもエビデンスに基づいた適切な治療を常に心がけております。人工血液透析の必要な患者様には緊急透析、維持透析いずれにも対応可能です。泌尿器科医も常勤しておりますのでより高度な治療を行えます。

消化器疾患・呼吸器疾患・神経疾患・感染症・その他
基本的には特定臓器に偏ることなく、幅広い疾患に対応可能です。レントゲン検査、CT検査、MRI検査、呼吸機能検査、脳波検査、超音波検査、上部・下部消化管内視鏡は随時実施いたします(一部予約制)。当院の外科・脳神経外科医とも相談しながらの治療が可能です。より専門性の高い疾患に関しては近隣の専門医療機関をご紹介させて頂きます。

医療に対する想い

患者様を「病を持つ人」として診療を行う、患者様中心の全人医療を心がけております。
また地域住民の皆様が期待されている当院の社会的役割を果たすために、家庭や地域社会を観点に入れた診療を行いたいと思っています。後期高齢者医療制度の導入、医師不足による医療崩壊など現在医療の現場は非常に厳しい状況ではありますが、「患者様に最善の医療を提供すること」を究極の目標に努力してまいる所存です。

▲ページトップへ戻る

▲ページトップへ戻る